車を高く売るコツは、査定前に愛車について知ることです。

車を高く売るコツは、査定前に愛車について知ることです。

今お乗りの愛車を売る理由は人それぞれだと思いますが、売るからには高く売りたいというのが心情ではないでしょうか。
高く売るコツは色々ありますが、まず初めに愛車についてよく知っていなければなりません。

主に、査定士は、年式やグレード、事故歴、オーナー歴、エンジンルーム内、内装、外装をチェックします。
つまり、査定士がチェックする内容に問題が無ければ、査定額が上がるということです。
もちろん、査定を依頼する業者によっても査定額は上下しますが、基準は主に上記の通りです。

それでは、それぞれの項目において、「問題が無い」とはどのような状況を言うのでしょうか。

年式は新しければ新しいほど、グレードは高ければ高いほど査定額は高くなります。
過去に大きな事故に遭ったことのある車だと、どれだけ修理してもフレームがゆがんでいることがありますので、査定額は低くなってしまいます。

また、ご自分で車を買う時のことを想像してみてください。短期間に何人もオーナーが転々としている車は何か問題があるのではないかと疑ってしまうと思います。ワンオーナー車は査定が高くなります。 その他、エンジンルーム内も掃除が行き届いているか、オイル交換や日常のメンテナンスを怠っていないかなども査定に影響します。

メンテナンスの記録が残されていると、さらに高ポイントです。
内装の汚れや外装の傷などは、分かりやすいですね。
ご自分の車に愛着を持っていれば、こまめに洗車して傷の有無や状態などを把握できるはずです。

つまり、愛車のことを良く知っていて、愛着を持って大事に乗っていた車だということが査定士に伝わると、必然的に査定額も上がるのです。

これが、愛車を高く売るためのコツです。